読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆★☆ emoTION主催 石川由佳のダンス人生 ☆★☆

これまでのダンス人生の経験、ダンスについての想い、レッスンクラスでの体験談などを綴っていきます。

幼児期からのダンスで育つこと

幼児期は脳が成長するのに重要な時期だと考えられています。

 

自然や動物、絵画や絵本、うたにダンスなどいろいろなものからたくさんのことを感じ、想像する力や豊かな心を育んでいきます。

 

この時期にダンスをすることで、どんな効果が期待できるか自分の経験と、調べてみたことをまとめてみました。

 

1.体を動かすことで脳が育つ

幼児期は自分の思いどおりに体を動かそうと、脳をたくさん使います。ダンスをすることで、日常ではあまり使わないところも動かそうとしたり、たくさん頭をつかいます。動きの種類もたくさん増えていきます。うちの娘も最初は、上半身を傾けるくらいの動きだったのが、今は指も細かく使ったり、手の位置も真似できるようになりました。動きのレパートリーが増えて、見てるだけでもとても楽しいです。

 

 

2.”かわいいな”、”かっこいいな”など、美しさなどを感じる心が育つ

娘もダンスをみながら、好きなものと興味がないものがあるようで、好みがわかるようになりました。元気なものも好きでよく踊ってますが、意外に静かな曲も好きでうたいながら真似て踊っています。動きにも、絶対やる動きとスルーする部分があったり、そこ好きなんだなーって思ったり、とても楽しくみています。

いろんなものを見せて、いろいろ感じてほしいです。

 

3.自分を表現する力が育つ

好きな歌が流れると、リズムにのって体を動かしながら手拍子したり、今楽しいんだなっていうのが伝わってきます。私の子どもの頃のように、言葉でうまく表現出来ない子には、とっても役に立つと思います。もちろん、好きならですが。

そのことを詳しく知りたい方はこちらhttp://emojizo.hatenablog.com/entry/2017/02/01/122932

 

4.自分で考える力、自分で考えようとする気持ち

思うようにできないとき、しっかり見るようになります。そして、意識して動く。先生と自分を見比べる、映像と自分を見比べる、そしてどこが違うか考えたり、研究したりします。その題材にダンスはすごく良いと思います。その作業はすごく集中力も必要ですし、脳も使います。そして、できたときの達成感。自信にもつながります。これを繰り返して自分のイメージに近づくように、美的感覚も育ててほしいです。

 

5.なんといっても想像力

ダンスと想像力は、もう私の中では切り離せないものです。イメージすることは、これからの人生を豊かにしてくれると思います。

ダンスをすることで、音を感じ、歌詞を感じ、その世界を楽しんでほしい。また、想像することで思いやりの心が育つと言われています。

相手のことを思いやれる心も育てていきたいです。

 

幼児期から好きなことを見つけ、家族と一緒に楽しめたら、それほど幸せなことはないなと思います。

 

娘が楽しそうに踊ってるのをみると、すごーく幸せです。(=´∀`)最近は、それだけで満たされまくりです。

 

 f:id:emojizo:20170303153655j:image

 

LINE@やってます。登録してくださった方にいち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。
また、1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。

ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

 

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます!!全てに感謝!