☆★☆ emoTION主催 石川由佳のダンス人生 ☆★☆

これまでのダンス人生の経験、ダンスについての想い、レッスンクラスでの体験談などを綴っていきます。

ダンスの振り覚えが悪い

ダンスの振り覚えが悪い

 

f:id:emojizo:20190520084306j:image

 

振り覚えが悪くて悩んでる人はすごく多いです。私に相談のメッセージをくださる方にもこのご相談は多く、頑張ってるこその悩み、ダンスが上達したいからこその悩みなので、真剣にダンスをやっている方がたくさんいて嬉しいとも感じています。

 

ダンスの振り覚えが悪くなる理由

ダンスの振り覚えが悪い理由の1つとして緊張状態であることがあります。最初は誰でもスムーズにできないのは当たり前のことです。ダンスを始めたときに「ついていけない!覚えられない!」と感じて、自分は頭が悪い、できない、ダメだというレッテルを貼っていませんか?そうなると、次のレッスンのときに、今日は覚えなきゃと必死になります。そして、覚えられない。周りはスムーズに覚えてるのに、自分だけできない感覚にもなったりします。

 

イベントに出演したり、コンテストに参加したりするときは、みんなの足を引っ張らないようにしたいとさらに必死に頑張りますよね。ダンスの振り付けを覚えられない1番の理由は、自分からのプレッシャーだと感じます。覚えられなかったらどうしようという焦りや、覚えられない自分が嫌だという気持ちから、振り付けを覚えるときに緊張してしまい、本来の能力を発揮できてない人はかなりいると思います。

 

もちろん、生まれ持った覚える能力というのは個人の差がありますが、それを超えていくのが人生の楽しみでもあるわけです。私が過去に教えていた生徒にかなり振り覚えの悪い子がいました。一生懸命さはすごく伝わるのですが、ほぼ覚えられてないので、毎回ダメだしをするところまでいけず終わるのです。しかし、本番の日になると、すごく目を惹くダンサーで存在感がすごいのです。周りの子もあの子は努力家で人一倍練習していると言ってました。レッスン終わってからも、友達に教えてほしい、一緒に練習してほしいとお願いしている姿も良く見ました。なので、振り付けを覚えられないことは悩むことではなくて、覚えるまで何度でも練習する忍耐力や情熱があれば大丈夫なのです。

 

といっても、オーディションや良いポジションをもらいたいときは、早く覚えなければ良い結果がでないことは事実です。その場で覚えて踊る審査はよくあります。そういうときはどうすれば良いのか。

 

それは、コツコツやるしかない。毎日鍛えているところは強くなっていきます。自分の夢がオーディションを避けて通れないのであれば、それに向けてコツコツ取り組むしかないわけです。

 

振り付けを覚えるための対策

まず、先程も書いた、自分へのプレッシャーをかけるのをやめます。なかなか難しいかもしれません。できない自分を責めるのをやめて、できたところに目を向けるようにしてみてください。できないことを受け入れて、できないなりにできたところを喜んでください。

 

そして、覚えられなくても大丈夫、本番までにできるようになったら大丈夫だと考えてください。だから、それまでに人一倍練習してあげると自分と約束して安心させてあげてください。そして、その約束を守ってください。ダンスの振り付けを覚えるのは、はっきり言って慣れです。コツとか向き不向きもあるかもしれませんが、回数やってナンボです。一度習った振り付けは覚えられなかったからといって、そのままにせず、自分のものになるまで、自分一人でも踊れるようになるくらいまではたくさん練習してください。回数たくさん練習してください。頭で考えなくても体が勝手に動くくらいにたくさん練習してください。そして、たくさんの動きが体に入っていたら、自然に振り付けを覚えられるようになっていきます。

 

例えば、フランス語を2文くらい聞いたのと、日本語を2文くらい聞いたのでは、あきらかに日本語の方が覚えられていると思います。フランス語の方は、最初の発音くらいしか覚えられてないかもしれません。それは、当たり前ですよね。日本語は基礎が入っているし、普段使ってるわけですから耳も慣れてます。

 

ダンスも同じです。普段使わない動きや慣れてない動きの連続を覚えるのは大変です。だから、1つでも多くダンスの動きを覚えることで、覚える際に初めての動きが減り、知ってる動きが増え、振り付けを覚えるのが楽になります。そして、振り付けを覚える時間に覚えられなくてもしっかり練習してできるようになる自分を知っていれば、レッスンのときに緊張することも減り、必ずできるようになる自分を信じて取り組めます。その積み重ねが上達に繋がっていきます。心と体の両方が鍛えられていきます。

 

なので、振り付けを覚えるのが早くなりたい人は覚悟を決めてください。毎回たくさん練習する、体が勝手に反応して踊っちゃうくらい自主練習をする、自分を励まして応援すると。コツコツとです。時間はかかるかもしれませんが、これが一番近道です。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

あと3名でLINE@登録者が200名です。新しく登録してくださった方、ありがとうございます。プレゼント企画の1000円レッスン、6月か7月にできたらいいなと考えてます。200名になったら開催しますね。そのときはLINE@でお知らせします!みなさんにお会いするのを楽しみにしてます。

 

また動画を見てのアドバイスもやっています。無料です。是非利用してください。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター

 

 

 

 

ダンス/苦手なことは将来に関わること

ダンス/苦手なことは将来に関わること

 

f:id:emojizo:20190517092439j:image

 

最近になって確信に変わってきたのですが、子どもの頃に苦手だと感じたり、違和感があったり、マイナスのイメージがあることは将来に自分が関係することなんじゃないかなと思うのです。何かバランスをとるような力が働いてるんじゃないかと感じます。全員そうじゃないかもしれないのですが、私が特にその節があるので、面白いので記録したいと思います。

 

感情を出すのが苦手

今までの記事にも書いてきましたが、子どもの頃から気持ちを伝えることができず、不満も言えず、溜め込むタイプでそのストレスのせいで病気にまでなっていたのですが、今は感情を表現するダンスが一番好きだし、振り付けも感情を表現するダンスが得意です。ダンスのお仕事をするようになってから、特に踊ることで伝えることに魅力を感じ、表現を大切にするようになりました。子どもの頃とは正反対の自分だと言えます。感情を出すことに抵抗があり、基本無表情でコミュニケーションが取り辛いタイプだったのですが、今は「私はこう感じてます」というのを作品にしたり、踊ったりしているわけです。不思議です。

 

ダンスの先生には絶対になりたくない

20代後半まで私は絶対ダンス講師にはなりたくないと思ってました。ダンスを踊ったり、振り付けをしたりという仕事にはやりたいという気持ちがあったのですが、教えるという仕事には魅力を感じず、私はやらないだろうなと思っていたのです。むしろ、毎週同じ時間に同じ場所にいくということが不自由で苦手だと感じていましたし、責任も大きいと感じていました。

 

しかし、今では一番の仕事はダンス講師で、すごく楽しいです。妊娠前は毎日のようにレッスンをしていましたし、とてもやりがいを感じていました。ダンスを教えるのが面白いのです。一人一人の成長を見るのが喜びですし、いろんな個性と関わるのも楽しいと感じています。

 

苦手だと感じることには自分の人生のテーマがある

私が考えるに、苦手だと思うことには自分の中に特別な価値観があるように思います。重きを置いているというか、特別な何かがあるのではと感じます。私の場合は、感情については自分が感情を表現する勇気がなかったわけですが、感情を出したあとの周りの影響や、受け取ってもらえなかったときのショックなどが関係していると思います。他の人が普通にできることができないので、自分の中で向き合わざるを得ないものになり、心について興味がわき、本を読みまくり、今の私がいると思います。なので、私のダンスレッスンではダンスに加え、表現する楽しさや素敵さも感じてもらいたいという内容になっています。

 

ダンス講師になりたくない思いというのも、先生が生徒に与える影響を責任重大だと感じていたからだと思います。責任あるお仕事だと感じていたので、しっかりしなければできないと受け入れる準備ができてないときは、講師という仕事は自分には荷が重いと感じていたのだと思います。私の中で「尊敬する仕事」だったのだと思います。

 

しかし、たくさんのダンスのお仕事を経験して、たくさん学び、自分が素敵だと思うダンスを自然と伝えていきたいと思うようになりました。また、振り付けの仕事をして、ダンサー一人一人の良いところを引き出すことがとても楽しく、喜びになっていたので、レッスンでも一人一人の良いところを伸ばしていきたいと考えるようになりました。

 

このように、将来自分が関わっていくであろうことは、そこに興味を持って向き合うために仕掛けのようなものがあるのではと思います。例えば、家族が仲良くない家庭で育った人は、家族が仲良くなるためのコミュニケーションについて学んだり、引きこもりを経験した人は引きこもりの人の気持ちをケアする仕事についてるかもしれません。今、苦手だと感じていることが自分の人生において重要な鍵になっている場合があると思うのです。

 

なので、今苦手だと思うことがあっても、それは宝物かもしれないので、そんな自分を嫌わずコツコツ進んでいってほしいと思います。

 

おまけ

ダンスと関係ないですが、私は昔、降りたときに直感的にこの駅は違和感があってなんか嫌いだなと感じた駅が2つあるのですが、今はその2つの駅の近くに住んでいます。住んでみたら全然嫌じゃないです。笑

 

さらに私が苦手だと感じる芸能人がいたのですが、主人がその芸能人を特別大好きで、その方の素敵さを語られたので、そんなに嫌いじゃなくなりました。笑

 

そして、私があまり良い印象でない場所があったのですが、娘がその場所を大好きになり何度も連れていくうちに、そうでもなくなりました。笑

 

なんでしょうね、苦手なものがそうでなくなるようなバランスをとるような出来事が起こる気がします。私以外にもそんな経験がある方、教えてください。

 

今日も素敵な一日を♪

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

あと3名でLINE@登録者が200名です。新しく登録してくださった方、ありがとうございます。プレゼント企画の1000円レッスン、6月か7月にできたらいいなと考えてます。200名になったら開催しますね。そのときはLINE@でお知らせします!みなさんにお会いするのを楽しみにしてます。

 

また動画を見てのアドバイスもやっています。無料です。是非利用してください。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンスに強弱をつける

ダンスに強弱をつける

f:id:emojizo:20190515091013j:image

 

ダンス動画を見てのアドバイスを今もやっているのですが、力配分やアクセントをつけることをどうやって子どもに伝えたらよいかという質問があったので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

 

まず、強弱をつけるというのは、ある程度振り付けを踊れるようになってからだと思います。全部を一通り流れで踊れるようになっていて、さらに全体的に大きく踊れているときに、次にどこを改善したら良いかというと、強弱をつけることになると思うのです。なので、そこまでいってない場合は、振り付けをしっかり体に覚えさせることや大きく踊ることに意識を向けるようにしましょう。

 

ダンスに強弱をつける場合、大きくみたときの強弱と細かく見たときの強弱があります。順に説明していきます。

 

大きくみたときの強弱のつけ方

振り付けは、だいたいのものは曲の盛り上がりに合わせて作られています。静かなパートは振り数が少なく、激しいパートは振り付けも激しくなります。曲を良く聞き、振り付けをよく感じてどこが一番盛り上がるところなのかを考えてみてください。サビが一番盛り上がるのか、特徴的な音が入ってるところが盛り上がるのかなどを考えてみてください。中には盛り上がりのない単調な曲もあります。その場合、振り付け師がどこを見せたいと思っているかも調べてください。

 

そして、例えば盛り上がりの程度を大・中・小と表すとしたら、サビは大、Aメロは中など割り振ってみます。そうすると、全部の振り付けの中で強弱がつけられると思います。一番盛り上がるところのパワー配分を大きくするやり方です。

 

このパワー配分は表現でもあります。この割り振りで作品の印象は大きく変わります。個性でもあります。どう踊りたいか、どう表現したいか感じてみてください。

 

細かくみたときの強弱の付け方

大きくみたときの強弱の付け方からさらに細かな振り付けに注目していきます。例えば、大きくみたときにサビが一番盛り上がるようにパワー配分を大きくするとします。そうすると、今度はサビの中でもどこにアクセントがあるかを考えてみます。力強く踊るとカッコ良くなりそうなステップや振り付けはどこなのか、アクセントになっている音はどこなのかというのを感じてみてください。

 

キレを出すところ、アクセントをつけるところを決めましょう。キレやアクセントというのは、瞬間的に力を入れたり抜いたりしてつくるので、ずっと力を入れて踊るわけではありません。上手な人は、ポイントになるところにだけ瞬間的に力を入れ、基本的に力は必要な分だけ入れて踊っています。

 

力を入れたまま踊ると、重くて速く動けないのでキレは出にくいです。力が無さすぎてもキレは出ません。パワー配分をマスターすることが重要です。

 

パワー配分の振り幅の差をつくる

強弱をつけるときに、ダンスを大きく踊れるようになっていないと、強弱の差があまり出ないので、わかりにくいかもしれません。自分の中で一番大きく踊っていると思っていても、実は本来の力の半分くらいしか出せてないことがあります。最大限まで大きく踊れるようになってはじめて、強弱をつけられるようになります。あまり差が出ないなと感じたときは、最大限まで大きく踊ることをやってみてください。

 

大きく踊ることをやっていくと、体力もついてきて、踊りやすくなってきます。体も鍛えられさらに大きく踊れるようになります。体全体をつかって、自分の体のサイズよりももっと大きく踊れるように頑張ってみてください。

 

音を意識して踊る

曲の中にはアクセントのある音があったり、振り付け師が音にリンクするような振り付けを作ったり、曲と一体になったダンスはカッコ良いです。踊る側もそれを意識して踊ってほしいと思います。よくあるのは、音のインパクトにダンサーが負けていて表現できていない状態です。音が爆発音のようにドン!と入っていても、ダンサーの踊り方がポン!と力強さが足りず、リンクして見えないのです。音に負けないパワーで表現できるように、音を良く聞き練習しましょう。

 

音を体に取り入れるような感覚で練習すると良いです。音は覚えてしまうくらいたくさん聞きましょう。自分が楽器になったような感じで踊ります。音に合う力配分にするだけで、かなり見え方は変わります。

 

また、リズムを刻むことで強弱をつけることもできます。細かく刻んで踊るシーンや大きく刻んで踊るシーンをわけることで、単調さをなくすことができます。曲や振り付けをしっかり理解して、表現を楽しんでみてください。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

あと4名でLINE@登録者が200名です。新しく登録してくださった方、ありがとうございます。プレゼント企画の1000円レッスン、6月か7月にできたらいいなと考えてます。200名になったら開催しますね。そのときはLINE@でお知らせします!みなさんにお会いするのを楽しみにしてます。

 

また動画を見てのアドバイスもやっています。無料です。是非利用してください。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター

 

 

ダンス/なかなかできないときは1度やり過ぎてみる

ダンス/なかなかできないときは1度やり過ぎてみる

 

f:id:emojizo:20190514100831j:image

 

ダンスのレッスンのときに、先生から注意されて、自分では直してるつもりでも「できてない」と言われることがあります。自分では意識してやってるのに、先生から見るとできていないわけです。私も子どもの頃よく経験したことです。

 

なかなか表情が思うようにできない

できないことでよくあるのが、「笑って踊る」などの表情です。自分は笑ってるつもりでも、「もっと笑顔でー」と言われることがあります。笑うのが難しいという人もいるでしょう。体を動かす方に意識を向けていたら、どうしても真剣な表情になってしまい、笑うことに意識が向かないことはよくあります。体にも表情にもどちらにも意識を向けるのが難しいときは、体が踊りを覚えるまで何度も踊りこんで、それができたら表情に意識を向けるのでもいいと思います。

 

表情が固くなってしまう人は、鏡を見て笑顔を練習してもいいと思います。ちょっと笑ってみても意外に笑ったように見えないものです。顔だけでやろうとしても笑ってるように見えないことはよくあります。表情が出にくい人は、一度やり過ぎくらい笑って、ちょうど良かったりもします。自分ではやってるつもりでも、それでも注意される場合は一度やり過ぎくらいに笑ってみてください。やり過ぎて減らす方が簡単なので、思いきりやってみてください。

 

さらに、笑うのが難しい人は、自分が笑顔になれるような設定を決めるのも方法の一つです。ダンスの振り付けのテーマを感じて笑顔になれるようであれば、そのテーマをしっかりイメージしたら良いと思いますし、そうでなければ笑顔になれる設定を自分で決めてもいいと思います。

 

ダンスの最初の登場で笑顔で出てきてほしいときに、私がよく生徒に伝えるのは、自分が嬉しいや楽しいと感じるイメージを持つことです。そうすると子どもによって様々なイメージを持ちます。大好きな友達に会いに行くイメージ、おいしいものを買いに行くイメージなどです。このようなイメージが作品の内容とリンクしていたらさらに良いですね。

 

なかなか柔らかく踊れない

私が子どものときできなかったのが、手を柔らかく使うことです。先生にずっと言われ続けてました。肘を曲げて動かすのが難しかったみたいなんです。何度指摘されても、肘を曲げるという動きに意識が回らず、できなくて泣いてる記憶があります。それで、やり過ぎくらいやるように言われて、やっと少しできるようになりました。苦手なことは、ちょっと意識するくらいではできないんですね。大きな変化が必要なんです。だから、やり過ぎくらいやるとやっと変化がでるわけです。

 

なかなか大きく踊れない

もっと大きく踊るようにというのは、よく先生から言われることだと思います。これも、自分が今までやったことがないところに意識を向けるのでなかなかできないのは、当然のことだと言えます。自分の動ける範囲を超えて動くわけですから、一つ壁を越えるような感覚もあります。なので、これも1度やり過ぎくらいやると感覚が掴みやすいです。ふざけてるのかというくらいに大きく踊ってみてください。それが先生から見たらちょうど良いという場合は多いです。

 

私も過去に生徒やダンサーに指導するとき、今の100倍大きく踊ってみてと言ったりします。だいたいそれを意識して踊ってもらうと、それが最低そのくらいの感じで踊ってほしいという理想だったりします。みんなまだまだ大きく踊れるのに、感覚が掴めてないんだなと感じます。転びそうなくらい大きく踊ってみてください。大きく踊ることで、ダンスに必要な筋肉や体幹も鍛えられていきます。

 

得意なことはやり過ぎにならないように

私の予想では、表情や表現がすぐできる人っていうのは少数派だと思います。でも、たまーに表情が出やすい人、表現が得意な人っていうのがいて、そういう人はダンスを踊り慣れてくると表情や表現をやり過ぎてしまう傾向があります。やり過ぎてしまったら調整すれば良いので問題ないのですが、気付かずに本番になってしまうともったいないなと思います。

 

やり過ぎるとテーマと違う表現に見えてしまったり、可愛い笑顔もくどい笑顔になってしまったり、魅力が半減してしまうので要注意です。自然な表情になるように調整しましょう。

 

特にやり過ぎた感がすぐに出るのは、可愛い表情やカッコいい表情です。意識してやり過ぎると違和感たっぷりの表情になってしまうので、気をつけたいところです。わからなくなったら、先生や周りの人に見てもらってください。自分ではわからなくなることもよくあるので、迷ったり、悩んだりしたらアドバイスをもらうと良いと思います。

 

最後に

なかなかできないことは、自分の中に壁がある場合が多いです。なので、変えていくときには思いきりやるということが必要なのです。少し勇気がいることです。しかし、やった後には、なんでこんなことができなかったんだろうと思ったりもします。そうやって、少しずつ上達していくのだと思いますので、頑張っていきましょう。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

あと5名でLINE@登録者が200名です。新しく登録してくださった方、ありがとうございます。プレゼント企画の1000円レッスン、6月か7月にできたらいいなと考えてます。200名になったら開催しますね。そのときはLINE@でお知らせします!

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター

 

私の話① emoTIONのこと

私の話① emoTIONのこと

 

f:id:emojizo:20190513085005j:image

 

なんとなく、今日は私の主宰するダンスの団体emoTIONについて、書きたいと思います。全く知らない方もいるので、簡単に説明すると2004年に立ち上げたダンスの団体で、年に1回のダンス公演と、障がい者さん向けのダンスショーをつくっています。メンバーはダンスの初心者さんからベテランまで、年齢も幼児からシニアまで幅広い層の方が参加しています。舞台をやるときにダンスチェックと言われる審査を受けてもらい、出演内容を決めます。

 

2004年から毎年行い、12回公演しまして、私の出産育児で現在は活動休止してますが、障がい者さん向けのダンスショーは年に1回行っています。emoTIONには、give&giveと感謝というテーマがあり、1部はストーリーのあるダンスショー、2部はさまざまなジャンルのダンスショーという構成になっています。セリフはなく、ダンスのみでストーリー展開していくので、表現力も必要とされる舞台です。

 

出演者にはダウン症のメンバーもいるのですが、同じように練習して同じように舞台に立ちます。毎回、メンバーのサポートが素晴らしく、私の足りないところもしっかりフォローしてくれ、あたたかい雰囲気でとても居心地が良い場所です。というのも、1人1人の個性を大切にしてくれる雰囲気があり、誰かの苦手をサポートしたり、困っている人に気付いて、手を差し伸べる人が多いのです。

 

メンバーの中には、必ず遅刻をしてしまう人もいまして、はじめは注意もしていたのですが、どうしても無理なんですよね。ダンスに真剣な気持ちが無いわけではなく、頑張ってもどうしても遅刻してしまうんです。しかし、そういう人ってダンスがすごく魅力的だったりもするわけで、前にも記事に書いたのですが、天才的にダンスが魅力的な人って、社会にうまく溶け込めない性質があったり、生活に支障が出るくらいの不器用さがあったりする人もいます。

 

飛び抜けた才能がある分、飛び抜けた欠陥もあるのですかね、偏ってるんです。emoTIONのメンバーはそういう個性も理解があるので、遅刻しても責める人はほとんどいなくて、逆にフォローしたいと思ってくれるので、すごいなぁと感じます。いつも1時間遅刻する人が30分遅刻したら、今日は30分しか遅刻しなかったねと褒めてましたし、絶対遅刻できない本番の日はうちに泊めて一緒に来たり、朝起きるまで電話したり。これが良いかというと、それは良くない場合もあるでしょうし、正解ではないかもしれませんが、こういう場所もあって良いと思います。あ、しかし、私はたぶん厳しいです。振り付けに関しては、わりとはっきり指摘します。周りのメンバーは優しいです。

 

毎回感動するのが、ダウン症のメンバーに何度も何度も何度も何度もたくさんたくさん繰り返し一緒に練習してくれるメンバーの存在です。覚えるのも時間がかかり、できるようになるのも時間がかかるのですが、諦めずにずっと優しく、ときには厳しく指導してくれます。同じことをずっと教えるのもすごく大変なので、尊敬です。本当にすごいです。

 

出演者みんなが作品を素敵にしたいという気持ちをしっかりもっているので、そのパワーがしっかりお客さんに伝わる舞台になります。ダンスのレベルはさまざまですが、どこを見ても愛のある舞台になっていると思います。

 

また、絶対にemoTIONの舞台はやりたいと思ってますので、そのときは出演お願いします。今日はなんだか自分のダンスの団体について書きたい気持ちだったので、紹介してみました。

 

f:id:emojizo:20190513093001j:image


f:id:emojizo:20190513093012j:image


f:id:emojizo:20190513093008j:image


f:id:emojizo:20190513093005j:image


f:id:emojizo:20190513092957j:image

 

emoTIONに出演してくれたみんなや、スタッフさんや出演者のご家族の方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どうやって恩返ししたらいいか、この人生では返しきれないというのが悩みです。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター

 

自分が素敵と思うものをつくる/ダンス

自分が素敵と思うものをつくる/ダンス

f:id:emojizo:20190510091152j:image

 

人によって何を素敵に感じるかは違うと思うのですが、自信がなくてそれをオープンにできない人がわりといるのだなとよく感じます。振り付けにアドバイスを求められることもあるのですが、「あなたの中にもっとふさわしい動きがある」と感じることが多いのです。

 

よく見るようなステップやありきたりな動きを繋げた振り付けは、レッスンの中で基礎を教えるための振り付けとしては良いと思いますが、作品としては面白みが無いと感じてしまいます。もっともっと自分らしい作品を堂々と作ってほしいです。

 

人の評価より自分の評価

振り付けをするときに、お仕事でやる振り付けであればプロデューサーの意見を反映させるのが基本ですが、そうでなければ変になってもいいので自分が素敵と感じる振り付けをつくってみてほしいと思います。周りの評価を気にし過ぎて、浮かんだ振り付けを「これは笑われそうかな」などと考えてボツにすることがあるかもしれません。笑われてもよくて、自分が素敵と思っていたらそれを採用していくことで、その人の個性が出てきます。

 

たくさんの人に良いと言ってもらえる振り付けも素敵ですが、誰か一人の胸にグッと突き刺さる振り付けも魅力的です。みんなの評価が良い作品作りよりも、自分が一番素敵だと愛せる作品を作ることの方が私には大切に思えます。

 

自分に合う曲がある

振り付けをする際によく感じるのが、今の自分に合う曲かどうかです。曲を聴いたときに、心のセンサーがときめくかで、自分に合うか合わないかがわかります。合わない曲のときは、振り付けがなかなか進まなかったりします。テンポや歌詞や曲の雰囲気によって、合うかどうかが違います。

 

私の場合は、曲が好き過ぎても作れないことがあります。曲が素敵すぎて、今の自分ではこの曲の素敵さを表現できないと感じることもあります。それでも、仕事であれば作らないといけないので、感動しながら泣きながら作ったりもします。それはすごく幸せなことです。

 

曲や歌詞を理解する

振り付け作品を見て違和感があるときは、だいたい振り付け師が曲や歌詞を理解して作っていないときです。振り付けと曲と歌詞はリンクしていると、心地よいです。例えば、悲しい歌詞なのに、ハッピーな振り付けをつけていたら違和感がありますよね。それをもっと細かくしたところまで感じてつくるのです。

 

歌詞の言葉の裏にある感情や情景を想像することは、振り付けにとても必要なことです。例えば、「さよなら」という歌詞でも、どういう情景での「さよなら」かによって、振り付けの表現も変わってきます。前向きな「さよなら」なのか、悲しい「さよなら」なのか、ワクワクする「さよなら」なのかさまざまです。そして、それをどのように振り付けにするのかも、振り付け者の感じ方によって、何パターンもあります。その選択が個性になります。

 

振り付けについてはまた書きます。今日は時間がきてしまったので、また次回!

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター

 

 

 

 

 

ダンスへの情熱は移り変わる?!

ダンスへの情熱は移り変わる?!

f:id:emojizo:20190509090720j:image

 

ダンスへの情熱を持ち続けられる人というのは、本当にダンスが好きだからだと思いますが、情熱が冷めていくことは悪いことでもありません。気持ちに変化があることは自然のことなのです。しかし、その情熱が冷めたと感じるとき、ダンスが嫌になっている理由を考えてみてほしいのです。ダンスに興味がなくなってきているのか、ダンスをする環境に原因があるのか、自分の気持ちに変化があったのか、よく感じてみる必要があります。

 

私のことでいうと、私は3歳からダンスを始め、4歳くらいでクラシックバレエを習い始めました。先生が可愛いくて好きだったから通い始めたという理由ですが、小学生になると可愛い先生も厳しく、できないことで怒られるようになってきました。バレエが好きというより、先生が好きだった私は怒られる日々にバレエに行くのが面倒になり、母にやめたいと言ったことがあります。

 

しかし、母は「10年たったらやめていい」という回答で、なぜか私も10年たったらやめようと受け入れました。今考えたら、本気でやめたかったのか謎です。小さい頃から習っていて、生活の一部になっていたので、私にしてみたら面倒だからお風呂入りたくない、くらいの感覚だったのかもしれません。

 

でも、その後、中学生くらいでクラシックバレエにハマり、家でも練習、休みの日にもスタジオに行って練習するくらいになっていました。体のコンプレックスにも悩み、なんとかできないかやってみたり、バレエのために毎日を過ごしていたように思います。中学生になってやっと、頭と体が理解してきたのです。あのとき、バレエをやめなくて本当に良かったです。母に感謝です。しかし、やめたいと言ってから約10年後の高校生のときにバレエをやめて、ジャズダンスを始めています。バレエを習っていても、バレリーナになりたいとは思わなかったのです。バレエを活用するお仕事はしたいと思ってはいたのですが、子どもの頃は何と表現したら良いかわからなかったので、小学生の頃の文集には将来の夢に「バレエ関係の仕事がしたい」と書いています。私についてはこんな感じで、情熱には波があります。

 

ダンスへの情熱が冷めてきている原因は?!

なんかダンスが楽しくなくなってきたと感じるとき、原因は何でしょうか。単にダンスよりも違うことに興味がでたり、思っていたほどハマらなかったということもあると思います。そういうときは、素直に自分の心が楽しい方に進めば良いと思います。

 

しかし、ダンスが楽しく感じられない理由に、

●先生とうまくいってない

●できない自分に嫌になっている

●生徒同士の関係がうまくいってない

●思うような結果がでない

などが原因の場合があります。

 

ダンスが楽しくないというより、ダンスをする環境や自分の気持ちのあり方に原因がある場合です。これらの原因を無くせば楽しめる場合もあると思います。これらが原因なのに、ダンス自体を嫌いになっていると錯覚していることがあるので、しっかり感じてみてください。そして、本当はどうしたいのか、ダンスが上手になりたいのか、考えてみてください。

 

原因はないけどダンスへの情熱がなくなってきた

特に嫌なことがあったわけではないのに、ダンスへの情熱がなくなってきたという人もいると思います。ダンスが好きといっても、いろんな好きがあります。人に見てもらうのが好き、自分が踊って人に感動を与えるのが好き、踊ること自体が好き、音楽にのるのが好き、表現することが好き、体を動かすのが好き、友達と踊るのが好き、ダンスの作品を作り上げることが好きなどです。

 

私の場合は、子どもの頃はダンスが好きだと思ってたんですが、周りと比べるとそこまで好きじゃないかもという感覚はありました。テーマパークダンサーになって、私は踊って表現することが好きなんだなと自覚しました。しかし、振り付けの仕事をするようになると、作品で表現することが好きなんだなと思いました。自分が踊らなくても、誰かに自分の作品を表現してもらったらかなり満足だったからです。さらに、自分で舞台をつくるようになると、自分の中にある世界やメッセージを表現することが好きなんだなと思いました。今、ここです。なので、自分が踊ることが好きというより、自分の内側にある何かをアウトプットする手段にダンスがあるという感覚です。

 

子どもの頃にこれを知るのは、不可能だと思うので、やはりまずはダンスを習うところから順にここに辿り着く道を歩んできてると思います。あらためて、すごいなぁと思います。必要な経験をちゃんと集めてきてるんですね。それには、この体と心がベストだったと思えます。

 

話を戻しますが、つまり「好き」は移り変わっていくものだと思うのです。その途中でダンス以外に行くこともあると思うのです。例えば、ダンスで人に感動を与えるのが好きな人は、より感動を与えたくてプロデュースするほうが好きになるかもしれないし、ダンスの作品を作り上げることが好きな人は脚本や振り付けの方が好きなのかもしれないのです。

 

今まではダンスを通してそれをやっていたけど、ダンスじゃない何かで本当の好きをやるかもしれないのです。なので、自分の気持ちをしっかり感じてみてほしいと思います。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

LINE@に登録してくださった方に

いち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。また、LINE@に登録すると1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

あと、10名でLINE@登録者が200名になります。すごーい!嬉しい!!!記念企画のレッスンはLINE@でご連絡しますねー!!

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

小学生と未就学児のための石川由佳のダンスクラスはこちら。

↓↓↓

emo DANCE schoolのHP

https://emodanceschool.wixsite.com/emotion

 

たまプラーザ駅徒歩2分

★石川由佳のキッズダンスクラス新規オープン★

3歳キッズダンスクラス

アイドルキッズダンスクラス

リトルキッズダンスクラス

無料体験レッスン予約受付中!

 

無料体験レッスンの予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2fef5d2581353

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

#ハッシュタグ

#ダンス #ダンサー #emoTION #emo #石川由佳

#レッスン #アドバイス #体 #練習 #ジャズダンス #バレエ #体幹 #引き上げ #基礎 #姿勢 #クラス #レベル #ヒップホップ#フリースタイル#上達 #表現力 #キレ #メリハリ #カッコ良く #感情 #表現 #練習の仕方 #リズム #音楽 #特徴 #右脳 #雑になる #上手 #時間 #おばちゃん #シニア #子ども #ブログ #ついていけない #苦手 #コツ #独学 #体が柔らかい #注意点 #深く #足の裏 #ケア#味方 #自信がない #dance #動画 #自己肯定感 #才能 #強み #仕事 #センター