読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆★☆ emoTION主催 石川由佳のダンス人生 ☆★☆

これまでのダンス人生の経験、ダンスについての想い、レッスンクラスでの体験談などを綴っていきます。

ダンスは2位!脳科学者たちがオススメする習い事

ダンスが脳に良い効果をもたらすことを以前書きました。そして、こんなランキングを見つけました。

 

脳科学者たちが「脳の発達に良い!」とオススメする習い事TOP5はこちら!

1位 ピアノ (同時処理能力UP)
2位 ダンス (脳の瞬発力UP)
3位 スイミング (思考力UP)
4位 器械体操 (情報吸収力UP)
5位 そろばん (記憶力UP)
(出典:フジテレビ『バイキング』:脳科学者11人に聞いた 脳の発達に効く!12歳までに通わせるべき習い事ランキングより)

 

 

個人差はあると思うし、絶対効果があるかわからないけど、ダンスが2位なのはなんだか嬉しいです。

 

先生を観察したり、自分と先生を見比べて違いを見つけたり、どのように変化していくかをみることで記憶する力が養われていったり、さらに”重心移動”をすることで脳に刺激が入り、状態の全体像を把握したり、情報を整理整頓することができるようになるそうで。

 

これは、すごいわかります。

 

ダンスは、観る力をすごく使う。

先生と自分の違いを見つけること、鏡の自分をよくみてイメージに合うように工夫したり、それを体で覚えたり、脳をすごく使う。

 

私のことでいうと、集中力がすごくついたと思う。観る力も細かいとこまで気づけるくらいになった。得意なジャンルであれば、背中からみたら、どこの筋肉をつかってこんなかんじに動いてるというのがつかめる。

 

 

そして、瞬発力がつくというのも、そうだなと思います。

脳から体に指令を出して、体が動くまでの時間が速いと瞬発力があると思うのですが、

その、脳→指令→動くの繰り返しがダンスなので、ずっと脳は鍛えられてます。さらに、音をきいたり、感情をのせたり、いろんなことを同時進行してます。そして、さらに位置を覚えたり、周りを感じながら踊ったり、全体のバランスも頭に浮かんでいたりします。

目で見えてること以上に、頭の中に広がってるビジョンがあって、いろんな分野で脳を活用していると言えます。

 

脳を発達させる要素がダンスにはたくさんあり、楽しく踊ってるだけで、脳が鍛えられているのは嬉しいですね。

 

私もレッスンには脳トレのようなことをよくします。取り入れると、みんなゲームのように楽しくやってくれてレッスンが盛り上がりますし、脳が成長していくのがわかりやすいです。

 

おばあちゃんやおじいちゃんと一緒に踊ると、認知症の予防にもなっていいですね。

 

f:id:emojizo:20170306181848j:image

 

LINE@登録してくださった方にいち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。
また、1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

 

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。