読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆★☆ emoTION主催 石川由佳のダンス人生 ☆★☆

これまでのダンス人生の経験、ダンスについての想い、レッスンクラスでの体験談などを綴っていきます。

”劣等感”のかたまりから”自分大好き”に①

私はお母さんからの愛情100パーセントで育ったにも関わらず、劣等感のかたまりだった。

母は、毎日絵本を読んでくれたし、よく遊んでくれたし、面白いし、手作りのおもちゃ、手作りの洋服、毎週遊びにも連れていってくれたし、勉強しなさいなんて一言も言われたこともない。子どものことをすごく信頼してる。

 

にも関わらず私は劣等感のかたまりだった。

 

生まれながらにそんな性質だったのか、なぞだけど、”自分はできない”と”自分は嫌われてる”という固定観念はずっとあった。

 

なので、どんなことも”自分ができないから嫌われた”ということに結びつけ、どんどん自分を追いやってしまっていた。自分の世界の中だけで。

 

お父さんに嫌われてると思っていたし

(↑超謎。実際、お父さんは私のこと大好きです。)

ダンスの先生に嫌われてると思っていたし

(↑そんなこと全くなかった。)

学校でもいじめられっ子だった

(↑これは実際いじめられていた)

 

それで、友達ができないわけです。

作り方がわからない。うん、今でもわからないですが笑、でも、今は大好きな仲間たちがたくさんいて、全然違うわけです。

結婚パーティーに呼びたい人が多すぎて幸せ感じましたから。遠くからでも来てくれたし、心から話せる人もたくさんいる。

 

どこで切り替わったか。。。。

 

経験していくうちにわかってきたんです。

 

 

私のことを周りが理解してくれるのに1年かかる。って。

 

んーーなんというか、

私はやっぱり掴み所かなかったり、

普段ニコニコタイプでもなく、すーーんとして無表情の場合多いし、やっぱり変な人なんですよ。たぶん。

初対面、コミュニケーションとるのが苦手でして。で、1年くらい付き合ってもらうとだいぶわかってもらえる。というのがわかってきた。

はじめから同じにおいの人だと、話せたりもするのですが。

なので、1年単位でいきましょうとね、

今は嫌われそうなかんじでも、きっとなんだかんだで1年後には仲良くなってる、っていうかんじで付き合うんです。

だから、すぐに仲良くなれなくてもいいやっていうスタンスでいる。

 

そんな感じで、ある意味

”嫌われててもいいや”みたいになったんですね。どうせ1年後には好かれてる。みたいな。

 

まあ、実際は1年後に好かれてるかなんて、覚えてないし、わからないのですがね。忘れてるし。

 

それと、あまりにも自分を責めすぎて、不幸せすぎてつらいので、ある意味限界が来まして、

この生き方をやめようって思ったんです。

やめるにはどうしたか、を次回書きたいと思います。

 

f:id:emojizo:20170304091103j:image

 

LINE@やってます。登録してくださった方にいち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。
また、1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

 

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

また、私の記事は無許可でシェアしていただいてかまいません。必要な方に届きますように。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。今日も自分を抱きしめていきましょー。