☆★☆ emoTION主催 石川由佳のダンス人生 ☆★☆

これまでのダンス人生の経験、ダンスについての想い、レッスンクラスでの体験談などを綴っていきます。

なぜ振りが覚えられない?!

振り覚えの早さは人それぞれだと思います。

一回見たら覚えられる人もいるし、

何度やっても覚えられない、

覚えたと思ったのに、急に頭が真っ白になって忘れてしまう、なんていうのがあると思います。

ダンスの場合、振り覚えは早いほうがよい場面がわりとあります。

オーディンのときは、その場ですぐに覚え、自分のものにして審査にのぞみたいですし、

レッスンでも覚えるまでに時間がかかって、先生から指摘をしてもらうまでにならない場合もあります。

 

なぜ振りが覚えられないか、いくつかまとめてみました。

 

①緊張、プレッシャー

覚える前から、緊張状態で自分にプレッシャーをかけてないか感じてみてください。

覚えないとダメだ、、、覚えられない自分が嫌だ、、、など、まだ始まっていないのに、できない自分を不安に感じることにフォーカスしてしまっている場合があります。

リラックスした集中状態でのぞめるように、好きな音楽をきいたり、楽しい気持ちでいられるようにイメージしたり、自分をよく研究してほしいです。

苦手だなと思うなら、できなくていいや、できなくて当然なんだから楽しもうと切り替えると、思ったより覚えられ、うまくいく人もいます。

 

②真似することに必死

レッスンなどでやったことない動きがでてくると、真似することに必死になり、どうやったらできるのかのほうに集中し、全体の流れが覚えられないときがあります。それが悪いわけではないので、全体を覚えたほうが良い場面なら、わからないところをとばして、先に全体を覚えて、後でわからないところに集中するのをオススメします。わからないところでとまってしまうと、進めずその後全部覚えられないパターンもあります。

また、ただ真似しようと思ってやってるときと、覚えようと思ってやってるとき、脳の使う場所が違うように感じます。覚えるという気持ちを持って取り組みましょう。

 

 

③自分を責めている

覚えられない人の特徴で、これが1番多いように思います。覚えながら、自分へのダメ出しがすごいんです。

 

覚えられなかったらどうしよう

覚えられないと迷惑かけてしまう

わからない恥ずかしい

覚えられないから自分はダメだ

(鏡に映ってる自分をみて)下手だな、できないな、嫌だな

できないから怒られる

間違えた、やっぱり自分はダメだな

などなど

 

脳内のセリフが多い。

振り覚えに集中してるようにみえて、

実際、セリフにじゃまされて集中できてないんです。

 

先ほども書きましたが、

 

”リラックスした集中状態”

 

に自分をおくことが大切です。

 

では、どうしたらいいのか。

 

 

セリフをやめてください。

どんな自分にもOKを出す。

ここまではできた、ここまでは覚えられたなどできてるところにフォーカスする。

初心者の人であれば、今日はここまで覚えたらOKなど徐々に覚える範囲を広げていくのもありだと思います。

 

 

私も大人になるにつれ振り覚えが悪くなり、覚える自信もなくなってました。自分を責めるセリフが頭の中で渦巻いてました。

でも、それをやめ、自分を認めて変わってきました。

次回はそのことを書きたいと思います。

 

f:id:emojizo:20170211110029j:image

 

LINE@やってます。登録してくださった方にいち早く石川由佳のダンスレッスン情報をお伝えします。
また、1対1で会話できますので、質問や感想などご自由にコメントしてくださいね。ID「@wmp5965g」で検索もしくは下記リンクをクリックで登録できます!

https://line.me/R/ti/p/@wmp5965g

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。今日も自分を褒めていきましょー。

(о´∀`о)